HTML・JavaScript制作

HTMLとは

HTMLとは、Webページを記述するためのマークアップ言語です。
文書の論理構造や表示の仕方などを記述することができます。
W3Cによって標準化が行われており、大半のWebブラウザは標準でHTML文書の解釈・表示が行えます。

JavaScriptとは

JavaScriptとは、プログラミング言語のひとつです。
実行環境が主にウェブブラウザに実装され、動的なウェブサイト構築や、リッチインターネットアプリケーションなど高度なユーザインタフェースの開発に用いられます。
例えば、「ページトップ」を押すと画面がスクロールして上部に遷移する動きや、質問を押すと回答が表示されるような動きはJavaScriptで作られています。

HTML・JavaScriptを作成する

デザイン確定後に、HTMLにデザインを反映します。
後工程になると薄れがちですが、この工程でも必ずクライアントがサイトを作る目的を理解し、利用シーンを考えてコーディングしましょう。

事前確認事項

  • コーディングルール
  • 文書の仕様(HTML5など)
  • フォルダ構成

HTML作成のポイントは、利用目的に合わせて作ることです。
例えば、

  • 運用がしやすい
  • SEOが要件にある
  • 次工程にシステム実装がある
  • ユーザー層が高いので、古いブラウザに対応

などです。

のちの運用や、改修にも関わる大事な工程です。
しっかり目的と要件を確認してコーディングをし、納品しましょう。